日々の暮らしの中で大切にしたい時間のことをゆるりと綴っています


by kodomo-jibun

親子でアーユルヴェーダ

久しぶりのブログ更新です~。

最近はタブレットがメインで家でパソコンを開くということが

おっくうになってしまって、ブログを置き去りにしていました。

twitter,instagramにはつぶやいているので、よろしければそちらをご覧くださいね。

ここ最近の話題といえば・・・

アーユルヴェーダ生活と新入り保護わんこ「くり」のことでしょうか・・・

今回はアーユルヴェーダ生活にフォーカスしたいと思います。

実は体質チェック外来後の3月末に親子診察というものを受けました。

この診察はHPには載っていなかったのですが予約時に教えてもらえました。

自分の体質がわかると、娘の体質まで知りたくなったということと

次女の起立性調節障害というものはアーユルヴェーダ的には

どういうことなのだろうか?と思ったからです。

結論から言うと、娘の体質はほぼ私と同じヴァータ・カパ

しかもこころの性質(9つのカテゴリー)はひとつ違うだけでほほ同じ!

似たもの親子という診断でした。

娘の状態はヴァータが過剰でカパが減少、脳の神経が疲れていてもやもや状態、

深く眠れていない。

なので寝ても寝ても疲れがとれないので過眠してしまうとのことでした。

私の素人判断では、カパが過剰になっているのかなぁと思っていたのですが、

違っていました・・・ちゃんと診断してもらうことって大切だと実感。

一方、私はというと・・・ドーシャの乱れやアーマの蓄積は少ないけれど、

疲労が激しくエネルギー不足、車でいうならガス欠状態。

3か月くらい仕事休めませんか?と衝撃的な一言。

体質チェックの時より、オージャスも少なく、さらに消耗しているとのこと。

かなりショックを受けました。

仕事を3か月休むというのは現実的に厳しいと伝えると、では2か月は?

うーん、やはり難しいのです。。。

2人それぞれに食事・生活指導と薬草処方などを受けました。

親子共に瞑想をすすめられ、興味のない娘も連れTMを習いました。

娘は実践していませんが、私は可能な限り続けています。

肩こりが楽になった、思考が変わった、など変化を感じています。

2か月の間、指導されたことがちゃんとできているわけではありませんが

少しずつでも取り入れてきました。

そして今週末、2か月経っての再診です。少しでも回復したかな、ドキドキです。

また、報告したいと思います。

にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kodomo-jibun | 2014-05-21 18:50 | アーユルヴェーダ